会議室ビジネス

​65歳超雇用推進助成金

 

定年延長または廃止する

1年以上雇用している60歳以上の従業員様が1名でもいらっしゃれば、定年を70歳まで引上げたり

撤廃措置を実施することで1社につき120万円受給可能です。

また、継続雇用制度を65歳から70歳に引上げると1社につき80万円受給可能です。

  • 60歳以上の従業員が1名以上いる

  • ​就業規則の変更を外部専門家に依頼する(自社申請×)

  • 定年の引上げ等の措置の内容や年齢引上げ幅、60歳以上の雇用保険被保険者数に応じ受給額が変わります。​

  • ​定年引上げと継続雇用制度の導入をあわせて実施した場合、支給額はいずれか高い額のみとなります。

  • 無期限の労働契約を結ぶ労働者や定年後に継続雇用制度に基づき引き続き雇用している労働者が対象になります。

  • 定年の定められている年齢以降の新しい雇用者は対象外です。

■ 定年引き上げ又は定年の定めの廃止

65歳超雇用推進助成金_定年.jpg
 

■ 希望者全員を66歳以上の年齢までの​継続雇用制度の導入

65歳超雇用推進助成金_継続雇用制度.jpg